いきいき女性基金

mainimage_fund_women

一口50,000円で、年間を通じてバングラデシュの農村部に暮らす女性たちや少女たちが、自らの問題と気づき、行動に移せるよう支援する基金です。特に現在は障害をもつ女性やその家族への支援に注力しています。

毎年6月に活動レポートをお送りします。

illust_fund_women01

バングラデシュの女性20人に13人が18歳より前に結婚(事実婚)しています。

障害のある人々を対象とした行政サービスはほとんど整備されていない状況です。多くの障害者は社会のとの関わりを持つこともままならず、その中でも特に女性は女性であるがゆえに社会参加を阻まれている上、さらに貧困と障害による3重の困難を抱えています。

障害者を対象としたリハビリテーション支援や収入向上支援、障害グループの結成といった直接支援のほか、地域の人々に対する啓発活動や建物のバリアフリー化、行政への働きかけといった生活環境の改善をする活動をしています。

地域の人々に、障害者のことを伝えている様子

補助器具を使いながら妹と遊ぶ障害をもつ少女

特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会は、 国税庁長官から「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として認定されました。
平成21年9月1日以降の当会へのご寄附は税の優遇措置(寄附金控除)の対象となります。
※平成28年8月1日~平成28年12月20日までのご寄付は対象外です。詳細はこちらをご覧ください。


icon_creditcards

クレジットカードを利用した募金は、金額を選んでから、次のページに進んでください。 カード情報を入力する画面を表示します。

※現地活動ルポでは、すべての活動を報告していますが、当基金での支援は女性を対象にした活動に限られます。

 

いきいき女性基金でできること

50,000円で、
障害者の状況を地域の人々、学校・政府・NGO関係に伝えるミーティングを5回行うことができます。

障害について真剣に学ぶ女性たち

illust_fund_women02